通販のおせち料理はどんな失敗がある?

パンフレットに掲載されていた商品より中身が少ない!?

通信販売でおせち料理を注文する人が増えていますが、わが家でも過去に何度か通信販売のおせち料理を注文したことがあります。

いつも失敗する理由はおせち料理の見本にあります。パンフレットなどに載っているものを見ると、かなり美しく飾られていますが、実際に届いたものを見ると、パンフレットで見たよりもボリュームはありませんでした。

それでも何度も購入してしまうのは、パンフレットに掲載されていた商品と同じ商品がちゃんと重箱の中におさめられているからです。

何回も注文するうち、パンフレット通りのものは販売されていないだろうと思いながら注文するようになりました。見本と多少違うのは、何もおせち料理に限った事ではありません。

格安のおせち料理は注意が必要

様々な商品で見本と違うことは十分にあり得ることです。ですが、今までの失敗を変える大きな失敗をしてしまったことがあります。

それは、格安で購入することができるおせち料理を購入した時のことです。これは一時ニュースにもなりましたが、集団で購入すると大幅に割引きをしてくれる制度がありました。

一定数を超えた募集があると、大幅に割引きされる仕組みですので、多くの人が割引きを目的に購入をしました。

パンフレットの写真によると、重箱からあふれでんばかりの中身が入っています。果たしてこれでどのようにふたを閉めるのかといった純粋な疑問もありましたが、いつものように量が少なくなっているのだろうと思うようにしたのです。

おせちをインターネットで注文すると見本と中身がまったく違う場合もある!?

ですが12月31日に届いたおせち料理を見て、私たち家族は腰を抜かしてしまいました。

なんと、一つの重箱が見本では9個のブロックに限られているのに、現物は4つにしか区切られていませんでした。しかも、中身がスカスカの状態です。

多少中身が少ないのであればまだ許しますが、見本と全く違うものが入っています。

後日インターネットを見てみると、私たちと同じところで注文したおせち料理の画像をアップしている数人いました。それ以来、格安のおせちは一切購入していません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です